Reflectみつめる

過労自殺と学校教育―働き方改革のための教育改革とは?

3/27(火) 10:00~11:30

ラウンジ / Lounge (1F)

35

セッション内容

高大接続を焦点とした教育改革によって、社会と学校との関係が再編成を迫られ、「学校とは何か」が改めて問われている。そこで、中高一貫校の現場で30年近くを過ごした私の中にある「過労自殺の原因は、働き方ではなくむしろ学び方にある」という苦い自覚を踏まえつつ、あるべき教育の未来について考えたい。

対象:高校生、大学・大学院生、教職員、教育業界関係者、企業人事担当者、保護者、その他一般

備考

(子ども参加の場合)保護者同伴が必要/高校生以上は子どもだけの参加可能

講師・プロフィール

野中 潤(のなか・じゅん)

講師プロフィール:都留文科大学教授。1962年神奈川県茅ヶ崎市生まれ。東京学芸大学大学院修士課程修了。2016年3月まで聖光学院中高教諭。世界的なムーブメントになっている教育イベントedcampを鎌倉や都留で開催。Edcamp Japanのメンバーとして全国各地のedcampを支援している。

セッション(ワークショップ)を予約する
Booking